おすすめ世界遺産ベスト3 屋久島

老後
スポンサーリンク

おすすめ世界遺産ベスト3 屋久島

屋久島は1993年に世界遺産(自然遺産)に登録された、日本が世界に誇る島です。
島は殆どが山であり、神秘的で美しい大自然が残っています。

トレッキングが人気でシニア世代からも支持を得ています。
気軽な散策程度のハイキングから、長時間のトレッキングまで個人のペースに合わせて楽しむことが出来ます。
また、ガイド付のツアーもありますし、ガイド無しでも事前知識とトレッキングルートから外れなければ問題ありません。

ある程度の体力があれば可能ですので、是非一度は挑戦して見たいものです。

屋久島への行き方

大阪(伊丹)と福岡からは屋久島までの直行便が運行しています。
東京や、他直行便がない地区からは鹿児島経由となります。

鹿児島からは屋久島空港へ向かう空路と、鹿児島港から屋久島の宮之浦港への海路があります。
飛行機は所要時間約30分、船の場合は高速船(約2時間)とフェリー(約4時間)の2種類があります。

ツアー予算: 37,000-55,000円 (成田発2泊3日フリープラン)

見所

【縄文杉】

屋久島と言えばやはりこちらで、絶対に外せない場所です。
推定樹齢7200年、屋久島に自生最大級の屋久杉です。
なかなかの険しい道の先にたどり着いた、美しい景色にきっと感動することでしょう。

 

【白谷雲水峡】



葉樹林や屋久杉など原生林の大自然が鑑賞出来ます。
うっそうと生い茂る森がジブリ映画「もののけ姫」のモデルにもなりました。

 

【ヤクスギランド】

屋久杉などの原生林を見ながら気軽にトレッキングを楽しめる、初心者でも歩きやすいです。

 

【ウィルソン株】


屋久杉の大木で米国の植物学者ウィルソン博士が発見したものです。
中に入ると株の中が空洞で、見上げるとハートの形になって見えます。
最近SNSでも話題となっています。

【大川の滝】

屋久島には他にも幾つか滝がありますが、こちらは屋久島最大級の滝です。
滝壷の近くから落差88メートルの滝を観察出来ます。

 

【西部林道】
世界遺産の地域に伸びる林道で、野生のヤクシカやヤクザルが多く生息しており、出会える確率が高い場所です。

 

【永田いなか浜】


風化花崗岩の白砂が美しく、夕日の綺麗な場所として知られています。
世界有数のウミガメの産卵地域としても有名です。

 

その他のプチ情報

交通

トレッキングをする場合はバスや送迎で移動し、島の観光をする場合はレンタカー移動が便利です。
島を一周するだけなら3時間もあれば可能です。

ベストシーズン

一般的にはトレッキングのベストシーズンは5月と言われています。
6月の梅雨シーズンは視界不良で飛行機の運航も不安定になります。
しかし屋久島は元々雨が多く、静かな山を独り占め出来ることから6月こそ裏ベストシーズンと言われることがあるそうです。

体力に自信は無いが屋久杉を見たい

縄文杉までは往復約22キロ、所要時間10時間位かかります。
一般的にはジョギング10キロ程度出来れば可能と言われます。
しかし体力にはやはり自信が無く、ハードルが高いということであれば車で「紀元杉」を見に行くというのがお勧めです。
こちらはトレッキング無しで行ける屋久杉です。

コメント