孫の健やかな成長のためにウォーターサーバーは必須

老後
スポンサーリンク

b6cdbcf963eb56b48decbfcfdc1624ef_s

水は人間にとって、とても大切です。
人間の体重の半分〜6割が水です。
大人は1日に2〜2.5リットルの水を飲んだり、食べ物から体に摂り入れています。
赤ちゃんは体重によって必要な水分量が変わってきますが、1歳前後で体重が7キロの赤ちゃんなら一日に700ml(200mlの計量カップ2杯と半分)の水分が必要です。
離乳食が始まるまでは、赤ちゃんは水分をミルクや母乳から摂取します。
そのミルクを作る時の水や、授乳しているお母さんが飲む水は水道水で良いのでしょうか?
「沸騰させれば大丈夫」というのは昔の話。
水の安全と赤ちゃんにおすすめのお水についてまとめてみました。

水道水について

cafa066e7d95f542f0e524652b761f90_s

昔は水道水の水をそのまま飲むのは、ごく当たり前の事でした。
今では水道水の水を、いつもそのまま飲んでいる人は約19%しかいません。
それ以外の8割近くの人は、ミネラルウォーターやピュアウォーターを買ったり、浄水器を利用しています。
なぜこのような変化が起きたのでしょうか。
水道水はもともとは雨水や川の水です。
その水を浄水場で雑菌や細菌を殺菌処理し、水道管によって各家庭て届けられています。
殺菌処理の際に使用される塩素が「残留塩素」として水道水に残っていると、体に様々なリスクがあるのではないかと言われています。
残留塩素のリスク
肌の保湿力の低下
乾燥肌の悪化
花粉症や喘息などの要因
肌や髪のタンパク質に悪影響がある
このようなリスクがあるのではないかと言われている水を、飲んだり幼い赤ちゃんに与える事に抵抗がある人が増えています。
そのため安全な水を買う事が一般的になってきたのです。
もちろん国の定めた安全な基準にもとづいて水道水は処理をされていますので、水道水が必ずしも悪いとは言えません。
ただ安全を意識した場合、信用できる水を選ぶという事は大切な事だと思います。

便利なウォーターサーバー

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s

安全な水を家庭で利用する場合、どの方法が良いのでしょうか。
浄水器を利用する。
ペットボトルのミネラルウォーターを利用する。
などがありますが、一番便利でおすすめなのがウォーターサーバーを利用することです。
浄水器のでメリットは、初期費用と定期的なメンテナンスの費用が高額である事。
ペットボトルのミネラルウォーターのデメリットは、置き場所をとる上に使用済みのペットボトルを毎回ゴミに出すという手間がかかる事。
また冷水にしたい場合は、いちいち冷蔵庫で冷やして取り出して利用しないといけないという事。
それに比べて、ウォーターサーバーは給水と給湯の出来る機器ですので、専用ボトルをセットするだけで冷水と温水が利用できます。
いつでも冷たいお水とお湯が利用できるというのが、とても便利なのです。
ウォーターサーバーの水は安全で衛生的に利用できるので、赤ちゃんや子供のいる家庭には特におすすめです。
孫の産まれた出産祝いに、健やかに成長してほしいとウォーターサーバーをプレゼントする方も増えています。

ウォーターサーバー活用法

09f5464c669c4cdb68882fca17f66434_s

ウォーターサーバーの大きな利点としてお湯がすぐに使えるという点があります。
ミルク作り
赤ちゃんのミルクをつくる時にとても重宝します。
ミルクを作る際に一番手間がかかるのは、適温のお湯を用意する事です。
多くのお母さんは、お腹をすかせた赤ちゃんが泣いてる中、あわててミルクを準備しなくてはなりません。
ウォーターサーバーなら、冷水と温水を混ぜて調節すればミルク作りに適した温度のお湯をすぐに用意する事が出来ます。

料理
お米を炊く水に使用すると、おいしいごはんが炊けます。
みそ汁やスープに使う時も、お湯から使用すればガス代の節約になります。

お茶やコーヒー
お湯がすぐに使えるので、ティータイムに便利です。
特に忙しい朝に、お湯が使えるのは時短になってとても便利です。

赤ちゃんのお世話に
赤ちゃんの肌はデリケートなので、できるだけ優しくきれいにしてあげたいですよね。
ウォーターサーバーでぬるま湯を作り、ガーゼをしめらせて手や汚れた口のまわりを拭いてあげると、水よりもきれいに落ちますし冷たさで赤ちゃんが嫌がる事もありません。
同じように赤ちゃんのおしりふきをぬるま湯でしぼって使用すると、おしりもきれいに拭けてさっぱりします。
ゴシゴシこする事がなくなり、おむつかぶれにならずにすみます。

災害時
災害時に一番重要になるのが水を確保する事です。
実際にウォーターサーバーの水が災害時活躍したという話もあり、水の備えとしても役に立ちます。

まとめ

0ebfc28372f2774b61e384751be9ff7c_s

水の安全が話題になることがおおくなった近年、水を買うという事は一般的なものになってきました。
特に赤ちゃんや子供のいる家庭での食や水の安全性に対する意識は高く、ウォーターサーバーの普及率はぐんぐん上がってきています。
妊娠をきっかけに水や食事の安全を気にするようになるお母さんが増えるのは、当然の事だと思います。
直接体に取り入れる水は、美味しく安全な物を利用したいですよね。
加えて冷水とお湯がすぐに使えるウォーターサーバーは便利なので、出産祝いのプレゼントには最適です。

コメント