孫におすすめの習い事は?

老後
スポンサーリンク

2a65f1d3839d13f2bd78379615430f41_s

最近は、昔よりも習い事をする子供は増えています。
小学生になると80%〜90%の子供がなんらかの習い事をしています。
中には2つや3つも習い事をしている子供もいますが、特に珍しいことではありません。
子供の学力や体力を伸ばしたいと思う親が多く、また様々な習い事の教室が開設されています。
ですが、習い事を始めるとなると親の経済的負担は大きくなるばかり。
そこで祖父母が孫の教育費などの援助をしてあげるというケースが増えています。
お孫さんと一緒に新しく習い事を始め、毎日をエンジョイするという方も。
習い事を選ぶ際の参考になるように、人気の習い事、選び方、費用などをまとめてみました。

親世代の収入と子供にかかる費用

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s
お孫さんの親の多くは30代〜40代が多いと思います。
子供が習い事を始めたいという気持ちがあっても、まず費用の面で悩む親はたくさんいます。
始める習い事や教室ごとに違いますが、毎月の月謝の負担は大きい物です。

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると。
30代前半の平均年収は384万円。(平成25年)
30代後半の平均年収は425万円
40代前半の平均年収は457万円。(平成26年度)
40代後半の平均年収は487万円

ここ数年で少し上向きなったとはいえ、10年前の平均年収と比較するといまだ厳しい経済状況だといえます。
このような状況の中で、子供にかかる費用は年々増加傾向にあります。
子供にかかる費用とは、養育費と教育費のことです。
養育費
子供を育てるためにかかる費用。
教育費以外の費用のこと。
食費・衣料費・保険医療費・文房具代・おもちゃ代・レジャー費用などです。
教育費
子供の教育にかかる費用のこと。
学校でかかる費用(学校教育費)・給食費・参考書代・塾の費用など。

このように子育てには多くの費用がかかります。
実際に習い事の費用がネックになって諦めることは多くありますので、お孫さんの将来のためにも習い事の援助をしてあげることは素晴らしいことだと思います。

水泳

710863b04ecfa4581caa8a2139cd5121_s

子供が「習いたい」、親が「習わせたい」習い事ナンバー1が水泳です。
水泳は根強い人気で、たくさんの子供が通っている習い事です。
水泳が人気の理由
基礎体力がつく。
健康に良い。
中学校で他のスポーツを始める時のためにも水泳で基礎体力をつけたい。
学校の水泳の授業にも役立つ。
子供が泳ぎたいという希望で。
準備する物が高額ではなく比較的リーズナブル(水着やキャップ、ゴーグル程度)
送迎バスがある教室が多く、送り迎えが楽。
その他にも、プールをガラス越しに見られる施設が多いところから。
子供が泳いでいるのを見られるのが嬉しい。
室内なので待っている間も快適。
という理由もありました。習い事を始めると費用以外にも、送迎などのサポートも親の負担になりますから、何年も続けていくことを考えるとその辺りも人気の理由の一つかもしれません。
入会金・月謝
入会金 5000〜1万円程度。
月謝  6000〜8000円程度。
週何回通うか、また選んだコースの違いで違いは出てきますが、価格帯は平均でこのくらいになります。
比較的リーズナブルで、週1回、2回、3回とコースで選べることが多いため、他の習い事と組み合わせやすいのもポイントです。

学習塾

68d6f8cdaa33b62de82a7995aaf38827_s

親が「習わせたい」習い事で上位に入るのが学習塾です。
スポーツ系の習い事で体力面を、学習塾で学力をアップをさせたいということで、二つ習い事をしているうちの一つに入ることの多い習い事です。
小学校低学年で塾に通う子供は、約30%ほど。
その後、どんどん上昇していき高学年では約60%ほどになります。
さらに中学生になると勉強が難しくなるため、塾に通う子供はさらに増え3年生では80%ほどになります。
学習塾が人気の理由
基礎学力の向上(学校の授業の予習と復習)
学校の授業に遅れずについていける。
学習意欲の向上(自分から進んで勉強をするようになった)
受験対策が出来る。
親は、どんな時も子供の成績や学力は気になります。
でも「勉強しなさい」と言って勉強してくれる子供なら心配はいりませんが、なかなかそうはいきません。
学力は将来の進学や受験と直結するわけですから、「塾はまだ早い」「子供は遊ぶのが仕事」というのは、もう通用しなくなってきているのかもしれません。
子供にあった塾があるのであれば、学習塾を視野に入れて習い事を検討するのがおすすめです。
入会金・月謝
入会金 1万円〜2万円程度。
月謝  1万円〜2万円程度。
教科数や個別指導などで価格は違ってきます。
少人数での指導の方が授業料は高くなっていきます。
毎月の月謝の他に教材費やテキスト代、模試などのテスト費用などもかかります。
集中して学習する時間を作ることで、自宅での学習力も向上します。
「どうやって勉強したらいいか分からない」という子供も多くいますので、勉強のやり方を学ぶという意味でも学習塾は人気の習い事だと言えます。

英会話

812dccb1637b6560b5e35acb6deb6a36_s

英語・英会話は「早いうちから始めるのが良い」と言われています。
耳で英語を聞き取るヒアリングやネイティブな発音を習得するには、幼い時から英語に親しむのが良いそうです。
そのため英会話は幼稚園から始める方も比較的多い習い事です。
英会話が人気の理由
海外の文化に触れる事が出来る。
コミュニケーションをとる力が上がる。
自分の意見を言えるようになった。
将来、役に立つ。
英語に苦手意識を持たせたくないから。
学校の授業の理解力が上がる。
幼い時は英語を使ったレクレーション(歌やゲームなど)で楽しく英語と触れ合い、成長に合わせて少しずつレベルをあげていくと言う方も多くいます。
入会金・月謝
入学金 1万円〜2万円程度。
月謝  7000円〜1万円程度。
ネイティブ講師がいるかどうかでも、英会話の月謝は変わってきます。
一対一のレッスンだとさらに授業料は上がります。
また教室によっては、教材費やテキスト代がかかる場合もあります。

ピアノ

ffe7cf06e2018b9582a899bfad9b049c_s

昔からずっと習い事の王道と言えばピアノですね。
情操教育にも良いという事で、幼い頃から続けている子供が多いのが特徴です。
ピアノは「音楽」を習うのに適しているだけではなく、両手を動かしながら譜面を読み取るという非常に脳にとって高度な作業をこなさなくてはなりません。
そのためピアノを習っている子供は、学力面においても良く伸び、集中力があると言われています。
ピアノが人気の理由
音感が身に付く。
楽譜が読めるようになるので、他の楽器を始める時にも役立つ。
音楽に興味を持つ。
感性が磨ける。
集中力が身に付く。
入会金・月謝
入会金 5000〜1万円程度。
月謝  8000〜1万2000円程度。
集団レッスンと個人レッスンによって、月謝は変わってきます。
また教材費として楽譜代やテキスト代が別途かかります。
発表会には参加費やステージ用の衣装代などもかかりますが、かわいいお孫さんの発表会なのでおじいちゃんおばあちゃんがドレスやジャケットを用意してあげる事が多いようです。
自宅で練習する際にはピアノが必要になりますが、高額な物なので数十万円はかかります。
またピアノの練習は音が出る物なので、住宅事情が問題になります。
そのため比較的求めやすく音量の調節できる電子ピアノで自宅練習をする方が多いようです。
技術だけでなく心や感性を育てられるピアノは幼い頃から取り組む子供が多く人気の習い事です。

まとめ

昔よりも子供たちは忙しい毎日を過ごしています。
お友達と遊んだり、勉強したり、スポーツをしたり。
その中で子供たちの可能性をより伸ばすために、さまざまな習い事をしてみるのも良いと思います。
今回紹介した以外にも、そろばんやダンス、体操などたくさんの習い事があります。
体力だけでなく、学力や感性を育てるチャンスでもあります。
子供がやりたい事を応援してあげるのは、お父さんお母さんだけではなくおじいちゃんおばあちゃんの役目です。
習い事はお金がかかります。
お孫さんの将来のために、習い事を始める援助をしてあげるのは素敵な事だと思います。

コメント