物価が安くフレンドリーな国 タイ

海外移住
スポンサーリンク

43266bfada3e401af90fe36528b0e0eb_s

タイは日本人が多く住み、日系企業が沢山進出している国です。そのため日本人が移住して住み易い国と言われており、住みたい国ランキングでは1位に食い込もうとしています。また、タイでは近年日本ブームでもあり親日家が多い事でも知られています。

都市部の公共交通機関の利便性

d91100b09917aeb48446e54cadd6ca67_s首都バンコクは大都会で、インフラ整備が進んでおり、BTS やARL、MRTと呼ばれる電車、地下鉄が運航しています。車社会の国が多い中、アジア圏ではトップクラスで公共交通機関が発達しています。交通料金も安く、電車の初乗りは約60円からです。

 

物価が安い

be77f81cf3c3feeeb4a6574563273f34_s交通費を含む物価が大変安く、目安として日本の半分程度です。宗教上の制限は特に無く、お酒も安くビールは約80円です。年間を通して真夏の暑さが続く気候の中のビールはとても美味しく進みます。本場のタイマッサージが日本では1時間で約6000円の相場ですが、タイでは1時間約900円です。オイルマッサージなどか受けられるスパも充実しており格安です。

 

日本文化の充実さ

22cbed90b37a5ab6beb8b4f3ac7b6115_s

タイでは日本ブームとなっているため、特にバンコクではCoCo壱番屋、吉野家、大戸屋などの日系企業が沢山進出しています。日本食レストランは何百とあり、クオリティーも高いです。タイ人にとって日本旅行がブームとなっており、本物の日本の味を見極められるようになってきているため、本物志向に力を入れていると言われています。伊勢丹や紀伊国屋、日本のコンビニもあり、ほとんどの日本の品物が手に入ります。日本企業4500以上、アジアで日本進出トップです。タイは日本企業進出のひな形と呼ばれ、アジア圏で成功するにはタイにまず進出してからと言われているためこの様な状況になっているようです。

 

タイ人の優しくてフレンドリーな気質

タイは仏教国で信心深い国民性で、非常に親日家が多いです。微笑みの国と言われており、性格はゆったりとおっとりしていて、あまり争い事を好みまん。仏教の教えから、怒りをあまり表に出したりもしません。また、寄付したり奉仕する事を当然の事と考えています。

 

タイの奇跡のお寺

b757dde8d905f0436b72b8519962df32_s

日本でも近年お寺ブームになっているようですが、タイには沢山のお寺があります。特にワット・トライミットは奇跡の寺院と呼ばれ、人が殺到しているそうです。岡崎慎司選手が所属するイギリスのサッカーチーム・レスターが創設以来の初優勝しました。その裏には、チームを買収したタイ人オーナーが、この寺院の僧侶たちをイギリスに呼び寄せて選手のために祈りを捧げさせていたと言う話です。 

料理が美味しい

e69d0811748fd744d623f91d22d4b851_s

タイでは食文化に対する意識が高く、レストランは常に競合しており、美味しくない店は生き残れないため、とてもレベルが高いと言われています。日本でも馴染みのあるトムヤムクンは世界3大スープの1つとして知られます。辛いイメージもありますが種類により、またはお店の味付けにより異なり全く辛くないものもあります。食材や調味料といい、癖になる味です。他にはグリーンカレーやパッタイ(タイ風焼きそば)も定番料理です。

 

娯楽が充実している

49d2e967b6851e7d6ecd7ff9d908f214_s

ゴルフ場が日本よりかなり安く、その上年間を通してプレイが出来ます。また、都会から少し足を伸ばせばプーケットやサムイなど、近くの島でリゾートライフも楽しめます。日本の娯楽を楽しみたい方も、街で日本の安いDVDが売られていたり、家で日本のテレビが見られるサービスもあります。他にも様々、都市部では大都会のため娯楽に関しては決して退屈する事は無いと言えます。

 

世界最大規模の日本人コミュニティがある

タイ国日本人会はバンコクを拠点として海外でも最大規模の日本人コミュニティです。他に代表的なものであれば、タイで企業しているあるいは企業を目指している方のコミュニティ和僑会や、タイで発行されている日本人向けのフリーペーパーで日本人のサークルの募集などもあります。情報交換の場となる事はもちろん、こちらで生涯の友人に出会える場合もあります。

タイへの移住 失敗談
渋滞
バンコクの渋滞は有名で「世界で渋滞がひどい都市」の5位以内に常にランクインしているほどです。
経済が発展していく中で、インフラ整備が不十分なために渋滞はなかなか緩和されません。
また渋滞に伴う排気ガスもすごいため、嫌になる人がいるようです。
通学通勤の時間に渋滞するので、その時間帯を避けて行動するのが良いと思います。

言葉
タイの公用語はタイ語です。
英語がほとんど通じないので、言葉の壁があるというのが現状です。
まったく通じないという訳ではないのですが、他の国よりも英語が通じないので意思の疎通がスムーズにいかなく、イライラしてしまうかもしれません。

 まとめ
タイは常夏の国ですので、一年中夏服で過ごせます。
親日国であり日本が好きな人が多く、日本食もおいしく食べれます。
経済が目覚ましく発展しているため、バンコクなどでは渋滞が悪化していますが、慣れてくれば渋滞する時間を回避できるようになります。
大きな災害も少なく穏やかに過ごせるタイは、移住にお勧めする国の一つです。

老後移住を決めたら家を売ろう!
>>>詳しくはコチラ<<<

コメント