陽気で明るい情熱の国 スペイン

海外移住
スポンサーリンク

5c49e343756b8ad76f12c96080eb53e9_s

スペインは歴史が古く、イスラム教とキリスト教が融合した文化を持ち、多くの芸術作品や世界遺産を生み出した国です。情熱の国として日本人に高い人気があります。

年金生活者のビザは意外と簡単
スペインはビザの取得が難しいと思われがちですが、意外とハードルが低いです。
月10万以上の年金で、住居があれば取得資格があります。しかしながら、スペインのビザに関する条件は頻繁に変わりやすいため常に変更状況の確認が大使館に必要です。

滞在しながらゆっくり観光が出来る
d0bb2a8e8153fad8b68853a4fa963043_s
スペインは非常に観光地が多く、1度の旅行では意外と全て見て回る事は難しく、長期滞在しながらゆっくりと観光するのがお勧めです。多くの観光スポットがあるバルセロナや首都マドリード、また白い建物と美しい地中海を望めるコスタ・デル・ソル、アンダルシアもスペインらしい人気の注目スポットです。
また、近隣国へ鉄道を使って旅行をしたり、LCC格安航空での旅も可能です。但しヨーロッパでは日本人を狙ったスリが多発していますので、十分に警戒が必要です。

料理が美味しい
aa0f418f8c47cd0a5a520407a30a37eb_s
スペイン料理のパエリアを代表して、海産物が豊富なため、パエリアなどのシーフードの料理がとても美味しいです。ワインや生ハム、チーズも有名で、地元ではスペインバルをハシゴしてお酒と一緒にタパスやピンチョスと呼ばれるおつまみを摘んで食べます。
都市部には日本食レストランもありますが値段は高額です。

過ごし易い気候
77b20b0385a5fde4f99f14c0f0686a7c_s
中央のマドリードなどは夏は暑く冬は寒い大陸性気候です。基本的には東京の気温と変わりません。南部のバルセロナ、アンダルシアなどは温暖な気候で過ごし易く地中海性気候です。

公共交通機関の発達
6385e657b85c1c6b67f88b24f44f9174_s
公共の交通機関が発達しており、殆どの都市で列車やバスが走っています。AVEという鉄道でマドリードからバルセロナまで3時間程です。地方へはバスが殆どの場所をカバーしています。時間を短縮するには安い飛行機で国内を旅行する事も出来ます。

物価と職探しについて
53117bb35db497c977b29847a9a8e7a1_s
物価は上昇しており、同じくらいか日本より高い地域もあります。それでも他のヨーロッパ諸國に比べると比較的安いです。
またスペインは失業率が非常に高く、スペイン人の雇用を最優先しているため、日本人の雇用は非常に難しい状況です。日系企業の進出も少ないため雇用の機会が少なく、英語が通じる場合がありますが、働く上ではスペイン語が必須になります。

公立医療機関の場合医療が無料
2551f53d3cb305713ea21b4cb4693cf3_s
スペインの医療システムは通常、クリニックで受診をして、必要であれば大きな総合病院を紹介されます。その際にスペインの社会保険に加入していれば、公立医療機関での診察費や薬代が移住者でも無料です。しかし、公立医療機関は非常に混雑している場合が多く、丁寧に診察を受けられない場合もあるようです。そのため、移住者は割高な料金を払って私立の病院で受診することが大半のようです。

 スペインへの移住 デメリット
治安
周辺諸国でテロが発生している事もあり、治安は良いとは言えません。
金品目的の強盗などの犯罪には十分に注意し、安全情報を入手できるようにしておく事が大切です。

就労
スペイン国内での就労はとても困難です。
不況のため失業者が多いスペインでは、スペイン人の雇用を確保するために、外国人の雇用に制限があるためです。
スペインに行ってから働こうと言う計画は見直した方が良いと思います。

衛生面
自分の家はとてもきれいにするスペインの人ですが、公共の場では自分が掃除しなくても良いという認識からなのか、汚しても平気な人が多いです。
また汚れていても平気な人も多く、キレイ好きな人は道路やお店のトイレなどの汚さにストレスを感じる事があるそうです。

まとめ
観光スポットが多く、料理が日本人の口に合う事などから人気のスペイン。
温暖で過ごしやすい気候と、陽気なスペインの人たち。
注意点としては治安が良くない事と、意外とゴミが落ちていたりして町が汚いという事です。
医療費がかからないというメリットもあり移住したい国の中でも人気の国の一つです。

老後移住を決めたら家を売ろう!
>>>詳しくはコチラ<<<

 

コメント