シンガポール移住に関してのおすすめポイント

海外移住
スポンサーリンク

380aa08767f7eacb803ce7f3327130e5_s
シンガポールと言えば、例の屋上インフィニティプールがあるホテルマリーナベイサンズで一躍有名になった人気の観光地ですが、現地在住の日本人の方も多いです。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%82%99

そのため日本人会もありますし、インターネット上でも様々な日本人のコミュニティーを見つけることが出来ます。また、街はとても清潔で安全で、ごみのポイ捨てをしたら罰金を請求されるというのは有名な話です。

治安がとにかく良い

現地に暮らしている方のお話で、日本と同じレベルで治安が良いと聞いたことがあります。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3-jpg
夜遅くに暗くなってから、あまり人気のない住宅街を駅から自宅まで歩いたり、涼しい夜にウォーキングをしたりする人を見かけます。これだけの治安の良さは他の外国では本当に珍しい事です。事実統計でも日本より犯罪率は低いようです。

年中温暖な気候

6b46f116b5db4e253897e7ecbd80020f_s

シンガポールは四季の変化は無く、平均気温26-27度、熱帯性モンスーン気候です。日中は30度を超え、少し蒸し暑く感じますが、雨が降ると一瞬で涼しくなります。また夜は冷房が無くても窓を開ければ涼しいです。冷房代を節約したい方は、間口が狭く、奥行きが広い昔ながらの建築様式の住宅に住めば涼しくてお勧めです。

交通の便が良い

287b38987e8e0ba74caeca5f79d9076a_s

シンガポールは小さな国で、面積は東京都の3分の1程度です。その中でMRTと呼ばれる電車、バスが沢山走っています。路線図も色分けされており、東京などの路線よりもずっとシンプルで、わかり易いです。空港からシティーや、郊外へも公共交通機関を利用して簡単に移動が可能です。また、車の渋滞もありません。

物価の割に外食が安い

cb6fe6ae06ecf6da59485641147e0c34_s
シンガポールの土地は非常に高騰していますし、物価は安くはありません。それに対してホーカーと呼ばれる屋台が至るところにあり、安く外食出来るため現地の方に人気です。1食平均400円くらいで食べられます。ホーカーは日本で言うフードコートの様な屋台の集合体で、幾つものお店が集まっており、好きなテーブルに座って一度に好きなお店で注文出来ます。何名かで行って別々のお店で注文してシェアするのもお勧めです。シンガポールの他民族国家ならではの味を楽しめますし、日本人の口にも合い易く、飽きることがありません。
外食文化がとても発達していますので、地元の方はあまり家で料理をせずに、朝から地元カフェなどで外食するという事もあります。そのように生活すれば家で毎食料理をする必要が無くストレスがありません。

最先端の空港と最高のおもてなしサービスのエアライン

0ba71ebc1da4bdbc197ce934f756f16b_s
シンガポール・チャンギ空港がイギリスの格付け会社に3年連続ベスト空港に選ばれました。ショッピングやグルメ、クリニックや子供の遊び場などの施設がとても充実している他、空港内に遊び心のあるアート作品が所々にあり、見ていて飽きません。一方、国を代表する航空会社である シンガポール航空もサービス、乗り心地の良さ、安全面においてかなりの好評価です。こちらも格付けで常にベスト3以内にラインクインしています。東京・大阪・福岡・名古屋他、世界約37カ国105都市に就航しています。

税率が安い

8042b5d7a74b3a04677dacbb61264aeb_s

個人移住者のメリットは、相続税、贈与税が無く、キャピタルゲイン課税と呼ばれる 株や不動産などの値上がり益 (益金) に対する課税がありません。法人では、法人税率は17%と安く、世界でも2番目です。所得税も最高で20%です。そのため、世界中の投資家や企業家たちに注目されています。

シンガポールへの移住 失敗談

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3

狭い
シンガポールの国土は、東京23区とほぼ同じ面積です。
意外と小さな国である認識は低く、生活し始めてから様々な施設の規模の小ささや少なさに、不便さと窮屈だと感じてしまう事があります。

気候
四季がなく一年中暑いです。
外は暑く、室内はエアコンがガンガンに効いていて体調を崩さないように注意が必要です。
寒いのが苦手な人にとっては住みやすいのですが、日本の四季が恋しくなって帰りたくなってしまうというケースもあるようです。

物価
アジア諸国への移住となると物価が安いからと考えがちですが、シンガポールはGDP(国内総生産)では日本を上回っているので物価は安くありません。
東京とほぼ同じ物価と考えるのが妥当です。
生活スタイルによっては、日本と同じ出費が必要になるので注意が必要です。

まとめ

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%98%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99

シンガポールはアジアをリードしてきたビジネス大国で、他の東南アジア国と比べて政治・経済面において非常に安定しています。近代的なビルが立ち並び非常にスタイリッシュな街並みである反面、プラナカン様式のどこかノスタルジックな可愛らしい建物にも惹かれます。東南アジアの中では日本人が一番安心して暮らせる国だと思います。

老後移住を決めたら家を売ろう!
>>>詳しくはコチラ<<<

コメント