老後の移住先で一番オススメ!マレーシアへの移住に関して

マレーシア 海外移住
スポンサーリンク

マレーシア

マレーシアの移住に関して、マレーシアは今や老後の移住先としては住みやすい国ナンバーワンと言われています。

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc

当方は3年間マレーシアのクアラルンプール近郊で暮らし、働いた経験があります。実際の経験も踏まえて人気の理由だと感じた事をご紹介します。

物価の安さ

まず最初に思いつくのは物価の安さです。

例えばタクシーの初乗り料金が3リンギット。2016年6月現在マレーシアリンギットは約26円ですので、約78円です。家賃は間取り3LDK新築コンドミニアムが1ヶ月約5万円。1度の外食は安ければランチで約150円でした。

目安として物価は日本の3分の1と言われていますが、実際外食やタクシー料金などはそれ以下だと思います。日本で受け取る年金を考えれば、かなり余裕のある生活が出来るかと思います。

日本の商品の手に入りやすさ

マレーシア・クアラルンプールには伊勢丹、UNIQLOなどの日本のお店が幾つか進出しており、ほとんどの日本食品や日本製の衣類を日本と変わらずして手に入れる事が出来ます。100円ショップのダイソーは大型ショッピングモールには殆ど入っています。

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88

日本人以外の地元の方にも大変人気で、いつも混み合っており、商品はひとつ5リンギット、約130円です。日本の食品を専門に扱う店もありますが、日本の倍くらいの値段がするため、調味料やちょっとした食品は出来ればダイソーで買うことをお勧めします。

最近ではうどん店の丸亀製麺や牛丼チェーン店の進出もしています。

近隣諸国へのアクセスのしやすさ

飛行場

次に、アジア旅行好きの方に必見ですが、マレーシアはLCC格安航空会社の拠点となっており、日本でお馴染みのエアアジアをはじめとして、他にもファイヤーフライ(firefly)、マリンド(malindo)などと競合しています。そのため格安でカンボジアやタイ、シンガポールへの週末旅行も可能です。私も3年間でシンガポール5回、カンボジア3回、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、スリランカ、オーストラリアなどなど数え切れないほど旅行三昧の日々でした。

もちろん日本への路線もありますので、安く行き来出来ますので、一時帰国はもちろん、家族やお友達が気軽に訪問してきてくれるということもあるかもしれません。

熱帯雨林気候について

熱帯雨林

気候については年間を通して毎日30度以上、高温多湿です。こちらに関しては好き嫌いがありますが、正直長く滞在すると徐々に慣れてきます。

慣れてしまうと、反対に日本の冬に帰ると肌の乾燥を感じてしまい、肌が痒くなったり、かかとがカサカサになるという症状が起こってしまいます。マレーシアにいる間は全くありませんでした。

なお、血圧が高い方にはやはり暖かい方が血圧が下がりますので血圧が安定します。

また、実際室内では冷房調節が出来るので、暑くて耐えられないという事はありません。むしろ東京や大阪の夏と比べて過ごし易いと感じる方もいるようです。

日本人コミュニティーの充実度

クアラルンプールやペナンには日本人会があり、長期滞在者に対してのケア、習い事も充実しています。全て日本語でマレーシア料理教室、絵画教室、歌、英会話など興味深い教室やサークルがあります。そこで同じ様な方たちに出会えます。マレーシアに住んでから、時間も金銭的にも余裕が出来たので、新しい習い事を沢山始めるという方もいるようです。
日本人会の中に日本の本屋、レンタルショップや日本食売店、旅行会社があり、ついでにそちらを利用するのもお勧めです。

多民族国家ならではの寛大さ

mosque-ed32b10821

マレーシアの国家宗教はイスラム教です。よって少し不安に思う方もいらっしゃいますが、他のイスラム圏に比べるとさほど厳格ではない印象を受けます。

女性の頭を覆うスカーフ(ヒジャブ)などの着用、アルコールや豚の禁止、イスラムの絶食月(ラマダン)などをどの程度忠実に行うかは、個人によって見解が異なるようです。また、イスラム教を信仰するマレー系の他に主に中国系、インド系の3つの民族で構成されており、それぞれ違う宗教や文化を持ち、お互いに尊重しあって生活しています。

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%83%a2%e3%82%b9%e3%82%af-jpg

そのため他の国の文化を受け入れないということも無く、日本人に対してもフレンドリーで日本の文化などに興味を持っている方が多いです。

特に中華系の方の間では日本への旅行や留学が大変ブームになっているようです。それらをきっかけに現地の方と交流を図ってみるのも楽しみの一つです。

医療面での安心感

大きな総合病院などには必ずといっても良い程、日本人または日本語の通訳がいて、日本の旅行保険で事前に立て替えることなくキャッシュレスで治療を受けることも出来ます。私が行ったことのあるクアラルンプール近郊の病院では、日本語のとても上手な通訳さんが働いていて、携帯の番号を渡してくれるサービスがあるので、次回からその方を通じてメールや電話で予約も可能との事でした。また日本と比べて治療の基準の違いなどはあるものの、医療の水準も高いので安心です。
また、保険が無くても元々の医療費が日本に比べて安いです。

近隣の安いゴルフコースが充実

ゴルフコース

ゴルフ好きの方にはとても嬉しい情報です。
マレーシアは数多くのゴルフ場があり、日本に比べると料金もリーズナブルです。クアラルンプールのゴルフの公式大会で使用されるような名門ゴルフコースでも平日約10,000円でプレイ出来ます。

言葉に不安がある方は、お願いすれば日系旅行会社でキャディー、カート、日本語ガイド付きのゴルフパッケージの予約をしてもらうことも出来ます。また、コンドミニアムに隣接されているゴルフ場はコンドミニアム滞在者にゴルフ会員権を格安で貸し出してくれることもあります。

もちろん年中通してゴルフを楽しむことが出来ます。ゴルフ好きの方はもちろん、マレーシアに住んでから始めたという方も沢山いらっしゃいます。

携帯電話料金が安い

マレーシアでは通常プリペイド携帯が一般的です。最初の契約はショップで行い、都度コンビニなどでチャージをしていく方式です。頻度により個人差もありますが、スマートフォンでも月800円くらいで十分に間に合います。
LINEやSkypeを使えば国際電話も格安ですが、通常の携帯電話からの通話でもさほど高くありません。

余談ですが、日本との時差はたったの一時間ですのでマレーシアに住むと日本と連絡をとるのに便利で時差を気にする必要はありません。

タクシーはアプリで簡単に

taxi

マレーシアは車社会です。移住者は現地で車を購入する方も多いですが、都市部では大変混雑するため車の運転が不安だという方もいるかと思います。

タクシー移動する場合には、流しのタクシーを拾うよりスマートフォンのアプリを良く使います。
アプリの種類はマイタクシー(MyTeksi)やイージータクシー(Easytaxi)など、幾つかあり、それに登録しているタクシーがボタンひとつで捕まります。GPSでタクシーが今何処まで来ているのか、一目で確認出来ます。電話で予約するより気軽で便利です。登録すれば現地の銀行口座から直接引き落としが出来て、その場で支払いが不要、キャッシュレス対応が出来る便利なタクシーアプリ(Uber)もあります。料金はアプリによって異なることもありますので、幾つか使い分けると最もお得です。

マレーシアへの移住 デメリット

マレーシアに移住した際の失敗談をまとめてみました。
移住前に知っておけば対策がとれると思いますので参考にしてください。

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%8a%e3%83%b3%e5%b3%b6

オートバイ
ガソリンが安いのでオートバイの利用者がとても多いです。
そのためオートバイの事故が多いので、歩行する時には安全確認をするようにしてください。
そうすると事故に巻き込まれる率が下がると思います。
交通ルールをきちんと守る日本とは感覚が違うので注意が必要です。

空気
土地や場所にもよりますが交通量が多いところは、空気が汚れています。
漠然と自然があるから空気がきれいだろうというイメージを持っているとがっかりしてしまいます。
ただ日本も都会で交通量が多いところは空気も汚れているので、日本にも同じ事が言えるのです。

事件トラブル
治安が良くないイメージがありますが、日本人が巻き込まれるケースは少ないです。
ただマレーシアでは賭博は犯罪であり、海外だから大丈夫だと思って賭博に手を出してしまうケースがあります。
置き引きも日本より多いですが、これらのトラブルは事前に知識を持って対策をすれば回避できると思います。

他の国と比べて総合力の高さ

最後に、他の国と比べると、治安・物価・気候・発展が進んでいるかなどと言う点から見て、総合的に高い点が魅力です。

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%80%80%e6%9d%b1%e6%b5%b7%e5%b2%b8%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%b3%e5%b3%b6

例えば物価の安さでは他の国がまさることもありますが、治安がかなり悪くてタクシーに乗るのが危険だったり、田舎のため交通がかなり不便。日本文化があまり発達していないため、日本食が殆ど売っていないという事があります。

その点マレーシアは全てを平均的に備えています。

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%a0

マレーシアでは現在も新しいコンドミニアムやビル、MRTの駅など続々と建設しています。これからもますます発展してさらに便利に暮らせるようになるのではないかと思います。これまで以上に日本人から人気の移住地になることは間違いありません。

老後移住を決めたら家を売ろう!
>>>詳しくはコチラ<<<

コメント