絶対に一度は本場で食べたいグルメ ベスト5 アフタヌーンティー

海外旅行
スポンサーリンク

4af9e73ff442e124a13d254dfa695430_m

ベスト5 アフタヌーンティー

本場ロンドンで是非行ってみたいアフタヌーンティー
紅茶やサインドイッチ、スコーンなど美しい食器に入った美味しいメニューが次々と出てきてお腹も満たされます。

イギリス料理は不味いと言われることもありますが、今は決してそうとは言い切れません。
特にスイーツに関しては正反対です。
また、お店の内装にもこだわりがあり、食事だけでなく雰囲気も楽しめるのが特徴です。

:イギリス

平均予算:6,000円-10,000円

お勧めポイント

①料理について

イギリスでアフタヌーンティーの習慣は18世紀の貴族からと言われています。
当時は朝食と夕食しか無かった為、その間に紅茶と軽食を食べたのが始まりだそうです。

ただの軽食と思っていたら食べ切れないほどの量が出てきますのでびっくりします。
例えば午後2から3時にお店に入れば、もう夕食はいらない程です。

②お勧めの食べ方

伝統的なアフタヌーンティーの食器で良く見かける3段になったトレイでは、下からサンドイッチ、スコーン、ケーキと並んでいますので、下から順番に頂くのが習慣だそうです。

お店によっては特に3段トレイにこだわらず、出来たてを順番通りに運んできてくれます。
可愛らしい柄の付いた食器などでそれぞれのお店の個性を出しています。

cbc5831a08c3a9b475fd46a25167d627_s

③種類

サンドイッチ…スモークサーモンや海老、きゅうり、卵、ハム、チキンなどをベースに様々なスパイスとソースを加えたもの数種類。
サンドイッチのみ食べ放題の場合があります。

スコーン…レーズンやプレーンなどの数種類があり、横に割ってバターと生クリームの中間の様なクロテッドクリームとジャムを付けて食べます。

ケーキ類…複数のケーキ、パイ、ムース、マカロン、ジュレなどから幾つか選べます。

飲み物…複数からお好みの紅茶が基本的には飲み放題。
また、シャンパンとセットになっている場合もあります。

他にはセイボリーと呼ばれる甘くないオードブルなどがケーキの代わりになっているもの、ハイティーと言うメインの食事が1品ついているもの、クリームティーと呼ばれるスコーンと紅茶だけのセットなどがあります。

abd7f3dcc28eb41d88e2c42a6e7d335f_s

主なお勧めレストラン

クラリッジス(The Claridge’s):

ロンドンで1番気と言われている有名店です。
世界中のセレブに愛されている由緒ある老舗ホテル内にあります。
ベストアフタヌーンティーとして何度も賞を受賞しています。

フォートナム&メイソン ダイヤモンドジュビリーティーサロン                               (Fortnum & Mason The Diamond Jubilee Tea Salon):

王室御用達として有名な老舗デパートフォートナム&メイソンにあります。
最高級のアフタヌーンティーを優雅に楽しめます。

ザ・ギャラリー(The Gallery):

ピンクで統一された可愛らしい店内と壁のアートを楽しみながら、豪華なアフタヌーンティーを頂けます。
卵型のお手洗いが個性的で有名な写真スポットとなっているようです。

気をつけるべきこと:

①有名店は予約制

予約しないで行っても入れないことがあります。
前もってお店のホームページから予約が取れるお店が多いので、活用すると便利です。

②軽食の割りに高価

元々上流階級の文化のため、お店の雰囲気や材料なども含めこだわりがあると言う事と、イギリスの物価の関係もありお値段も高価です。
サービス料を含めて一人12,000円も支払ったという場合もありますので、対効果として割高です。

③ドレスコード

特に高級ホテルやデパートにあるお店はドレスコードが設けられており、それなりの服装をして行く必要があります。
女性はワンピースやスーツ、男性は襟付きのシャツにジャケットを羽織るような服装が必要です。
せっかくなので食事と一緒にお洒落も楽しみましょう。

ef0b73383f44363a0dd0e5fbbc5fd8c9_s

お勧め度

味わい深さ:4

の美しさ:5

ボリューム:4

コストパフォーマンス:3

日本での珍しさ:4

コメント